自動車 買取 付属装備品

自動車買取時の付属装備品について

自動車買取では年式や走行距離、各部のコンディションによって査定額が変わりますが、
新車購入時に取り付けた付属装備品も査定の対象になります。

 

対象となるのは価値の高いものが該当しますが、
グレードによって異なる装備品に関しては基本査定額の中に含まれるのが基本となります。

 

査定の対象となるのはオプションパーツがありますが、ナビゲーションシステムやオーディオがありますし、
サンルーフや電動スライドドア、電動シートなど新車を購入する際に組み込まれた型で提供されるオプションパーツとなります。

 

製造段階でしか装着できない装備品のことを言いますので、ディーラーで言うとメーカーオプションが該当します。

 

自動車買取では価値のあるメーカーオプションは査定額アップの対象となりますが、
オーディオやナビゲーションに関しては一部の高級品しか対象にならない場合があります。

 

中には社外品のオーディーやナビゲーションを装着している車もありますし、
エアロパーツを装着している車もありますが、個人の趣向が強いパーツに関しては査定の対象にならないことが多いため、
純正品でなければ査定額アップにはつながらいない場合もあります。

 

実際に査定を受けてみなければわかりませんので、
純正状態に戻すか純正部品を全て渡すことで交渉する必要があります。

 

車売る 札幌